So-net無料ブログ作成

N響オーチャード [渋谷界隈]

久しぶりにコンサートに行きました。オーチャードホールは私にとって行きやすいホールです。

ウラジミール・フェドセーエフ指揮、N響による、オール・ロシア・プログラムでした。

ムソルグスキー:交響曲「はげ山の一夜」

ハチャトゥリアン:組曲「仮面舞踏会」

チャイコフスキー:幻想的序曲「ロメオとジュリエット」

チャイコフスキー:序曲「1812年」:東京混声合唱団の男声合唱と、いわき市立高坂・第三小学校合唱部の児童合唱付

アンコールもチャイコフスキーの「祈り」でした。

合唱ってグッときます。「1812」の冒頭、男声合唱のロシア聖歌で始まり、中間に児童合唱のロシア民謡が入ったところでウルッとなりました。ちょうど私の前の席に引率の先生方が座っていて、立ち上がるタイミングを手を振って送っていました。父兄の方たちもたくさん来ていたみたいで満席でした。

「仮面舞踏会」は第五楽章まであるのですが、通しで全楽章を聴いたのは初めて。良かったです。第一楽章は浅田真央ちゃんで有名になったワルツ。この曲の舞台は帝政ロシアの貴族社会、妻の浮気を疑う夫が嫉妬のあまり貞淑な彼女を殺してしまうという物語だそうですが、ロマンチックで、きれいな曲ばかりでした。

DSC_2561.jpg


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0