So-net無料ブログ作成
都内あちこち ブログトップ
前の5件 | -

佃島にて [都内あちこち]

佃島へ出かけてみました。もんじゃ焼きで有名で、不動産人気の高い月島の北側にあります。住所は「東京都中央区佃」です。

まず向かったのは住吉神社。佃島は、江戸時代に徳川家康に招かれて移住した、大阪の佃村の漁師たちが築いたのが始まりだそうで、この住吉神社は大阪の住吉神社の分社とあります。

201805096.JPG

境内を含め、この界隈は時計が止まったかのように静かです。道が狭くて車があまり入ってこれないのもありますね。駄菓子屋さんの前で近所の子供たちが遊んでいました。

一方で、「リバーシティ21」とよばれる超高層マンション群が隅田川沿いにそびえています。この対比の風景も、ここならでは。

201805093.JPG  201805098.JPG

この日は銀座からスタート。銀座四丁目交差点を起点として→東銀座(歌舞伎座)→築地→勝どき&月島→晴海→豊洲、を回りました。考えてみるとぜんぶ埋立地です。銀座&築地は江戸時代に、勝どき&月島は明治時代に、晴海は昭和初期、豊洲は昭和中期以降に埋め立てられました。佃島が江戸時代に築かれ、人が暮らし、その後明治時代に埋め立てられた月島と繋がったとは、佃島の歴史はかなり旧いほうなのだと知ることができました。

201805102.JPG


nice!(0) 

新しいスタバ [都内あちこち]

目黒区青葉台の目黒川沿いで新しいスタバが建設中です。近所に行く機会があり、見てきました。名まえは「スターバックス リザーブ ロースタリー トーキョー」。シアトル本店、上海、ニューヨーク、に次いで世界で4番目となる、焙煎工場を併設する店舗です。現地のお知らせ看板によると、敷地面積約1,200㎡、建物は地上4階地下1階、延床面積約3,200㎡、設計は隈研吾氏、施工は鹿島建設で、完成は2018年10月末の予定となっています。現在は地下の基礎工事中でした。「木」「和」を生かした建物になるのかな、なんて。

20171001.JPG

ところで、スタバとタリーズって上手に棲み分けしているように思います。例えば、高速のサービスエリアや幹線道路沿いはスタバ、病院や公共施設はタリーズ、のように。

世界で4番目の店舗が目黒に出来るのは興味深いです。


nice!(0) 

エコサイクル [都内あちこち]

自由が丘駅近くで、機械式の地下駐輪場「エコサイクル」を見かけました。初めて見たもので、パチリ。

DSC_0942.JPG

この地下に直径約9m、深さ約12mの円筒状の空間があり、そこに最大で204台の自転車が入れられているみたいです。

DSC_0939.JPG

こちらを開発した(株)技研製作所のHPを見てみました。建築の基礎杭打ち工事で騒音や振動の少ない「圧入」という工法をつくった会社で、この「エコサイクル」も圧入工法で作ったとのことでした。さらに、圧入された杭を引き抜くことで、容易に原状回復できるエコな構造物なのだそうです。

入出庫の動画も見てみました。自転車に付いたICチップとカードで入出庫が全自動。そのスピードも速くて、雨にぬれず、盗難の心配もなく、なんだか良いことづくめ。全国に納入実績がありました。知らなかったな。。

nice!(0) 

銀座シックス [都内あちこち]

銀座六丁目、松坂屋の跡地に4月20日開業した銀座シックス。開業後18日間で150万人が来場したとニュースになりました。そろそろ落ち着いた頃かと思い、行ってきました。

地上13階地下6階、7階より上がオフィス、地下2階~6階が店舗、地下3階~地下6階が駐車場となっています。渋谷松濤にあった観世能楽堂もここに移りました。ツーリストサービスセンターや専用の観光バス乗降所もあり、オフィス・店舗・文化施設・駐車場・バスターミナルが集約されています。

201706041.JPG

201706042.JPG

中央の吹抜け空間を囲んで回遊できるようになっていて、皆さんショッピングというよりも見物がメインみたい(私を含めて)。蔦屋書店が混んでいました。大型本や洋書のなかに、こんなに地価&フロア単価の高いところでもちゃんと雑誌や文庫本もあって嬉しくなりました(笑)。

この事業では区道の一部を付け替えることにより隣接する敷地を一体化しました。廃道となったあずま通りは主に駐車場出入口となりましたが、通り抜けも出来ます。

201706043.JPG

nice!(0) 

都庁にて [都内あちこち]

東京都庁へ行きました。渋谷からは、山手線で新宿まで行って西口地下道を歩こうか、とも思ったのですが、寒かったこともあり、半蔵門線の青山一丁目駅で大江戸線に乗換え、「都庁前」駅で降りることにしました。

都庁は、第一本庁舎、第二本庁舎、広場をはさんで都議会議事堂が建っています。「都庁前」駅は、第一本庁舎の端っこ(北端)にあるんですね。不動産業関連の部署は大抵第二本庁舎ですので、地下から第一本庁舎に入り、渡り廊下を通って、第二本庁舎に向かうつもりだったのですが、久しぶりに行ってみるといろいろ変わっていました。

まず、大規模な改修工事が行われていて、渡り廊下がクローズ。1991年に完成した都庁は既に築25年以上経過して、本格的な設備更新工事の真っ最中でした。

警備の人の指示に従って、外を迂回して第二本庁舎へ。2015年より、来庁者受付表を記入して通行証をもらうシステムになっていました。エレベーターを利用する毎に必要だそうです。

「都庁前」駅に着いてから、結構時間がかかってしまいました。

帰りは地下道を歩いて、山手線で帰って来ました。

20170112.JPG


nice!(0) 
前の5件 | - 都内あちこち ブログトップ