So-net無料ブログ作成
検索選択

必要な広さ [街・不動産]

オフィスワーカー一人あたりの床面積は10㎡くらいが平均値らしいのですが、色々なデータがあります。ただ、年々減少してきているのは確実なようです。

住まいの面積に関しては、国が発表した「住生活基本計画」(2016)のなかで、指標となる数字が載っていました。それによると、最低居住面積水準は、単身で25㎡、ファミリーは10㎡×世帯人数+10㎡でした。計算すると、夫婦二人は30㎡、4人家族は50㎡、ですね。

誘導居住面積水準というのもあって、都市居住型では、単身で40㎡、ファミリーは20㎡×世帯人数+15㎡でした。計算すると、夫婦二人は55㎡、4人家族は95㎡、ですね。

キッチン、洗面、お風呂などの設備部分を除いて考えると、一人当たりに必要な広さは、最低で10㎡、望ましい広さは20㎡、ということでしょうか。設備部分を含まない個の空間は、住まいもオフィスも一人当たり10㎡(6畳くらい)が最低限必要な広さ、となりそうです。

投資対象の賃貸住宅で一般的に想定されるワンルームの平均専用面積は25~30㎡です。

自治体ではワンルームマンションの建築規制を定めているのですが、渋谷区では、条例で住戸の専用面積を「28㎡以上」と定めています。これは23区のなかで厳しいほうです。


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

都庁にて [都内あちこち]

東京都庁へ行きました。渋谷からは、山手線で新宿まで行って西口地下道を歩こうか、とも思ったのですが、寒かったこともあり、半蔵門線の青山一丁目駅で大江戸線に乗換え、「都庁前」駅で降りることにしました。

都庁は、第一本庁舎、第二本庁舎、広場をはさんで都議会議事堂が建っています。「都庁前」駅は、第一本庁舎の端っこ(北端)にあるんですね。不動産業関連の部署は大抵第二本庁舎ですので、地下から第一本庁舎に入り、渡り廊下を通って、第二本庁舎に向かうつもりだったのですが、久しぶりに行ってみるといろいろ変わっていました。

まず、大規模な改修工事が行われていて、渡り廊下がクローズ。1991年に完成した都庁は既に築25年以上経過して、本格的な設備更新工事の真っ最中でした。

警備の人の指示に従って、外を迂回して第二本庁舎へ。2015年より、来庁者受付表を記入して通行証をもらうシステムになっていました。エレベーターを利用する毎に必要だそうです。

「都庁前」駅に着いてから、結構時間がかかってしまいました。

帰りは地下道を歩いて、山手線で帰って来ました。

20170112.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

美肌県 [あれこれ]

突然ですけれども(笑)、先日「美肌県グランプリ2016」が発表になりました。この調査は、化粧品会社POLAが、累計1,600万件を超える肌のビッグデータを活用して独自にランキングをしているもので、2012年から毎年発表されています。

「美肌県グランプリ」では、全国から送られてくる膨大な肌データを、「気象環境」と「生活習慣」という二つの要因から分析。県ごとに肌のきめ、うるおい、等々を数値化していました。

2016年の結果は、1位から順に、広島県、島根県、鳥取県、愛媛県、秋田県、・・・。

残念ながら、関東地方、特に北関東の各県は美肌県ではなかったです。「秋冬の乾燥した強風が肌のうるおいを守るのが大変厳しい環境」だそうです。

そのなかで、東京都は・・・と見てみると、10位。関東のなかではダントツ良かったのです。ということは、気象環境はほぼ同じなわけですから、生活習慣が良かったということかしら。年代別ランキングも発表されていたのですが、東京は年を重ねるにつれて相対的な肌状態が良くなっているのです。面白いデータですね。

秋冬は本当に乾燥しますし、これから年末年始は生活も不規則になりがちですし、上手に自己管理したいです。

20161224.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

緑のハチ公 [渋谷界隈]

夕方、ハチ公広場を通ると、イルミネーションが。。緑色!クリスマスツリーも緑一色。ハチ公も緑のマフラーを巻いていました。

20161214.JPG

緑色のLEDはとっても人工的な感じで、ネオン?みたいでした。


nice!(0) 
共通テーマ:仕事

渋谷キャスト [渋谷界隈]

渋谷駅の北側、明治通りを原宿方面へ徒歩数分のところに、「渋谷キャスト」が建てられています。

ここは、もと都営宮下町アパートがあったところです。都有地、なんですね。この裏手には、以前都の児童会館もありました。

先日、詳細が公表された「渋谷キャスト」は、地上16階・地下2階の建物で、1~2階は店舗やシェアオフィス、2~12階はオフィス、13~16階は住居となっています。オフィスフロアには、ファッション会社が、また、住居フロアには、一般賃貸のほか、サービスアパートメントやコレクティブハウスが予定されていました。

コレクティブハウスは、北欧で見られるらしいのですが、共用部分がたっぷりあって住む人たちが自由に使うことが出来て、また専有部分も個性的に、といった仕様のことを指すようです。「渋谷キャスト」の専有部分には、音楽用防音住戸・アトリエ住戸等があり、私が想像するには、共用部分は「共同生活感覚」、専有部分は「思いっきり個室感覚」なのかな、と。

外観は、こちら。完成は2017年春の予定です。

20161118.JPG


nice!(0) 
共通テーマ:仕事